M3 Mesh Anime Headの使い方

M3 Mesh Anime Headの使い方講座「Part1」


あ!気がついたら結構更新してませんでした…。
ご、ごめんなさい…。

次の記事をどうしようかなーって思いながらズルズルお休みになってました。

さて、今回から新しいカテゴリのスタートですよ!
私の作ってる商品を紹介する前に、商品を買った後にこれどう使うの?っということにならない為に『 M3 Mesh Anime Head使い方講座 』をはじめていきたいと思います。
kanjou_004.jpg

前回のまでに装着しましたーっていうところで終わっていますが、実はこのアイテムを動作させる『 HUD 』が結構複雑なので、使い方が解らないまま初期状態で使っている人もいると思います。

今回はとりあえず初歩的なところの説明からスタートです(^^

まずは、『 HUD 』を装着した状態での、表情に関するボタンについて

Blog_0028.jpg

上のイメージのように対象の場所をクリックする事で簡単に顔の表情を変更する事が出来ます。

次にその下にある botan_01.png ボタンを押してみましょう。

Blog_0029.jpg

すると上のイメージのように新しいウィンドウが表示されます。
では、その中の眼の変更について解説します。

Blog_0030.jpg

上のようにまずは、LとRの項目をクリックして白い背景になるようにしておいてください。

次に眼のマークのボタンを押すと瞳の中の模様が変化します。

Blog_0031.jpg

次に瞳の色を変更してみましょう。

Blog_0032.jpg

これで瞳の色が変更出来る事が解りましたね。
次がちょっと難しくなってきます。

Blog_0033.jpg

画面内に別のメニューが現れるというところがここまでに無かった動きなので、困惑しますよね…。
解って貰えたと思って次も同じく画面内にメニューが出てきます…。

Blog_0034.jpg

眼の動きを固定すると写真の撮影で役に立ちますので、覚えておくと便利です(^^

さて、本日はここまで。次回も引き続き『 HUD 』の解説を進めますので、お楽しみに!

Blog_0035.jpg

M3 Mesh Anime Headの使い方講座「Part2」

--更新日2014.01.18--

年末年始を超えてやっと更新です…。

セカンドライフ内のお店の商品を作ってたり、自分の体調がイマイチだったりと色々ありました。

年始一回目の更新がこんなに遅くなってしました…。
本当にごめんなさい…。

前回に引き続きまして、『 M3 Mesh Anime Head使い方講座 』の二回目になります。
kanjou_005.jpg

前回は『 HUD 』の『 Eyes 』の項目を説明しましたが、今回は『 Skin 』の項目について解説していきますよ。

Blog_0036.jpg


実はこの場所で覚えておくところは、以下のイメージのボタンをクリックすることで初期の肌の色に戻せるって言う事だけ…。

Blog_0037.jpg

何故なのかと言うと、ここは肌の色が極端に白かったり黒かったりさせる為の設定になります。

ここを変更するとボディー側の色も変更しなければならないので、『 HUD 』の使い方に慣れるまでは、うっかり変更した時に戻す方法だけを知っておくだけで十分なのです。

次は耳の形です。
この機能は、あんまり使わないかもしれませんが、念の為に紹介しておきます。

Blog_0038.jpg


上のイメージの○ボタンにチェックを付けると以下のように耳が変更されます。

Blog_0039.jpg


次に『 Mouth animation 』についてですが、『 Typing 』と『 Voice chat 』と『 Emotes 』があります。

Blog_0040.jpg


『 Typing 』の□を■すると、チャットを打ち込んでいる間に口をパクパクさせます。
『 Voice chat 』の□を■すると、ボイスチャットがオンになってマイクから音が発した際に口がパクパクします。
『 Emotes 』の□を■すると、M3の商品ボックスに封入されていた『 Emotes 』のジェスチャーと同期します。

『 Emotes 』については、ちょっと解説が足りてないので、理解出来ないと思います…。
ですが、重要なところじゃないので、割愛させていただきます(^^;

さて、そうでした!
今日「このブログを読みました」ってセカンドライフ内で声をかけていただきました!
とても嬉しかったです(^^

不定期なブログで本当に恐縮ですが、見ていただいている人がいると思うと、頑張ろうって思っちゃいますね!
これからも頑張ります~♪

M3 Mesh Anime Headの使い方講座「Part3」

-------------------------------------------------------------
※本ブログは、2014/01 に制作された情報です。
2016/4 の時点ではスキンの適用には、M3のアイテムに同梱された「M3 Applier Retro Loader (M3 to M3+)」というアイテムが必要になる場合がありますので、ご注意下さい。

-------------------------------------------------------------

さて、ついに『 M3 Mesh Anime Head使い方講座 』も最終段階に差し掛かってきました。

実はここの説明がしたいが為に、ここまで解説をしてきたんです…。

お付き合いをいただきました皆様には、読み進めていただいて感謝しております(^^

あ、でもブログが最終回っていう事じゃくて…ここまでが基本解説っていう事なんです!
kanjou_006.jpg

今回最後に紹介するのは、『 M3 Mesh Anime Head 』のカイタマイズについてです。

ここをクリアしたら貴方の好みの2次元風美少女アバターをカスタマイズする事が可能になるので、ちょっと難しいかもしれませんがお付き合いいただきたいです!

まずカスタマイズを行うには、カスタマイズ用に使うアイテムが必要になります。
それが以下のイメージのアイテム。

Blog_0041.jpg


でも以下のアイテムとは違うのでご注意ください。


Second Lifeマーケットプレイスをチェック

上のイエージのアイテムは、『 M3 Mesh Anime Head 』のカスタマイズパーツを販売する為のツールです。
本来カスタマイズは個人でも可能なんですが、このツールがある事で他者に自分の作ったデザインを販売する事が出来ます。
作り方はまたおいおいご説明します。(いつになるか未定ですが…。)

販売している商品が以下のようなアイテムになります。

Mokyu_Skin_01.png

あ、気が付きました?そうです。
このアイテムを作っているのが私です(^^;

そして、このアイテムを購入すると入っているのが、以下のアイテムになります。

Blog_0041.jpg


さて、このアイテムを手に入れても設定の方法が解らないですよね。
このアイテムは地面に置かないと動作しないので、以下の場所に移動してください。


↓クリック↓
SHINONOME SANDBOX PARK
(Second Lifeがインストールされていないと機能しないURLになります。)


移動すると以下のイメージのような場所に来ます。
セカンドライフでは、『 SANDBOX 』という場所がいくつかありますが、主にそこでは物を製作する人が集まっている場所ですので、ここにいる人に話かけたりするのは辞めましょう(^^;

Blog_0042.jpg


この場所であれば、好きにアイテムを地面に置くことが出来ます。
きっと「なんで地面に置かないとダメなの?」という疑問があると思いますが、今は考えないでください…。
地面に置く時はー

Blog_0043.jpg


地面に置いたら『 M3 Mesh Anime Head 』の『 HUD 』と『 Head 』が装着されているか確認してください。
装着したら、以下のような画面にしておいてくださいね。

Blog_0044.jpg


『 HUD 』の画面を上の状態にした状態で地面に置いたアイテムをクリックすると、画面の右上部に青いメニューが表示されます。

Blog_0045.jpg


この時、『 Skin L 』と『 Skin R 』という項目が出てきますが、これは顔の右と左を意味しています。
このアイテムには、Skinしか入ってませんので、『 Load All 』を選択してください。

すると以下のような変化が『 HUD 』に発生します。(※環境によっては変化しない場合がありますので、その場合は次の工程に進んでください。)

Blog_0046.jpg


最後に『 HUD 』の以下の部分をクリックすると…。

Blog_0047.jpg


ついに!

Blog_0048.jpg


2次元風美少女アバターが可愛いらしい感じに大変身!
同じ要領で『 眼 』や『 まゆげ 』などカスタマイズする事が出来ます(^^

あと、ちょっと小技を最後に。
眉毛の色がデフォルトでは黒なんですけど、変更出来ます。

眉毛の当たりを 右クリック>編集>面を選択>色> 好きな色を選択で変更可能です。

Blog_0049.jpg


髪の毛の色に合わせてあげると可愛いです(^^

Blog_0050.jpg


お疲れ様でした!
これで『 M3 Mesh Anime Head使い方講座 』は終了になります。

次回は、『 便利な使い方編 』を予定してます!
お楽しみに!